topimage

2012-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漁火想10周年 - 2012.07.30 Mon

10年目をむかえた漁火想!

無事大成功におわりました!

今日の記事は長くなりそうですが、前日準備からレポートしていきます。



7月27日(金)

前日準備ということで、朝からいろんなことをお手伝いさせてもらいました。

私自身まともに漁火想に参加するのは初めて。

5年ほど前に一度だけ、まだ高浜のことをよく知らないころ

気球の搭乗体験をしに遊びに来たことはありました。

しかしここ最近の様子は全く知らなかったので、言われるままに動くので精一杯。

たくさんの人に教えていただきながらの作業。本当にお世話になりました。





イベント看板づくりと配置。

すごくきれいな看板。いかにも漁火想って感じです。




昼過ぎに浜へ移動すると足場ができていました。

櫓龍(やぐらドラゴン)用のものです。

広い足場だなー!




実行委員の男性陣もちょっと一休み中。

もうとにかく暑い。水分補給なしでは倒れてしまいます。



のぼり付けのお手伝いをしているうちに夕方になり、

今度はキャンドル部会のメンバーと合流!

創作キャンドルの設置をしました。





まずはとにかく必要なものを城山公園の芝生広場へ運びます。

竹なんかはものすごい数。準備、すごく大変だったと思います。




暗くなっても作業は終わりません。

手前にうっすら見える竹のオブジェもキャンドル用。

これを35組も組立てたのですが、みんなでやれば早いもんだ!

私も工具の使い方を教えてもらって、勉強しながら準備させてもらいました。

日が変わるくらいまで準備作業をして、この日は一応解散!




7月28日(土)

いよいよ漁火想当日!

この日は1日キャンドル部会の一員として動きました。

海水浴のお客さんがたくさんいらっしゃる中、地道にキャンドルを配置していきます。




コンパスのように紐を引っ張りながら、きれいな円にカップを置いていきます。

暑い日差しを浴びながらの作業。みんなの体力がどんどん奪われていきます(笑)




じゃーん!

ちょっと見にくいですが、くまさん!




こちらは猫さん!

個人的には一番お気に入り。かわいい。




奥の方には音符マークも。




お昼は浜茶屋で。

浜茶屋でごはんなんて何年ぶりだろう。

この雰囲気がたまりませんなー。今度は海水浴に来たいな♪



午後からはスタッフTシャツづくり!







なぜ当日に、しかも手作りなんだ!(笑)

キャンドル部会の女性陣でこつこつ作成しました。

マジックで(笑)





するとがんばったご褒美にアイスを買っていただきましたー!

この形のアイスも何年ぶりだろうか!いかにもアイス!

しかしこの暑さで一瞬で溶ける。夏おそるべし。




前日に組み立てた竹のオブジェ。

ほとんどはアーチのように入口に並べたのですが、

他にもこんな感じできれいに並べてみたり。

この並べ方はよく考えられてるなあ~。




いよいよ暗くなってきて、屋台の方へ移動しようとすると





浜にこんなものが!ハートのキャンドル。

お客さんが順番に入って写真を撮っていました。大盛況です。

特にカップルや女性に人気でしたね♪




まだ少し明るい中でキャンドル点灯。

これが真っ暗になるとどんな感じになるのかな?




夜ご飯を調達しにたかはま屋台へ。

高浜町のさまざまなうまいもん屋さんが並びます。




青の里も出店!

冷やしあめや水ようかん、みたらしだんごなどの甘味から

おにぎりや焼きとうもろこしまで

メニューの豊富さでは一番だったのではないでしょうか。

私は全くお手伝いできませんでしたが、青の里メンバーの方々、お手伝いに来てくださった方々、

たくさんの人に支えられて大成功をおさめたようです♪




屋台のむかいには特設ステージが!

真ん中のDJブースでかっこいい音楽を流しつつ

ライブペイントが行われていました。絵が完成していく過程を生で見ることができるショー。

たくさんのお客さんが足を止めて見入っていましたね~!




少し先へ進むと子生川ホタルが!

こちらは準備で少しお手伝いさせていただいたもので、なんとなーくこんな感じかな?とイメージはついていたのですが

想像を超える美しさ。すごくきれいだった!

川の上にキャンドルがふわふわ浮いているところはまさしくホタル。

かつて水がきれいでホタルがたくさんいたという子生川。見事にそれを再現できていたのではないでしょうか。

これは個人的に一番感動させてもらいました。




そしてそして!

おおいから来てくださったチームによる和太鼓の演奏。

とってもかっこよかったです!女性もいました。






その後、櫓龍(やぐらドラゴン)!

個人的には初めてだったのでとっても楽しみにしていましたが・・・

ものすごい迫力。

いくらおもちゃ花火とはいえ、近くでこんなすごいもの見られるのって他にはない!

福井市の地元でもいろんな花火大会に行きましたが、また一味違う感動を味わいました。




最後にチームの男性陣が全員ならんで挨拶をする場面はかなりぐっときました。みんなかっこいいー!


そのあとは水中花火!

キャンドル部会は片づけの準備に入らなければならなかったのでゆっくりと見ることはできませんでしたが

砂浜に並べられたキャンドルと水中花火のコンビは漁火想ならでは。きれいやった~!

もっと早く見にきておくべきだったと思いました。というくらいの感動。




そして、お客さんが帰るころを見計らって片づけをしました。

スタッフではない方も手伝ってくださって、すごくうれしかったなあ。

キャンドルは設置もお客さんに手伝っていただいたのですが、

私たちが黙々と作業している姿を見て、「こんなにがんばってくれてるのになんもせんわけにいかん」と手伝ってくださった方

「きれいですね」「すごいですね」と声をかけてくださった方

たくさんの方に応援していただいて、とにかくうれしかったです。

イベントってお客さんとして参加するのはもちろん楽しいけれども

スタッフとして運営にかかわると、だからこそ味わえる感動や達成感がありますね。

人のあたたかみに触れることができて、ずっとずっと実行委員としてがんばっていきたいと思いました。



みーんなで夜中まで片づけをし、

次の日もそれぞれの部会に分かれて片づけ。

私は事務局のお手伝いということで看板の撤去や物品の片づけなどをお手伝いさせていただきました。

これもまた勉強。来年のためにもしっかり学んでおかないと。

そしてそして午後には「子ども放送局」のみなさんが作成した映像の上映会でした。


この「子ども放送局」

漁火想が始まったときから続いているもので、漁火想と同じく10年目を迎える企画。

中央大学の学生たちが高浜の子どもたちと一緒に漁火想や高浜のまちを取材し

編集して、映像化するという取り組み。

今年は10周年を記念して、いろんな人に漁火想への思いを1枚のTシャツに書いてもらっていたのですが

私も当日に声をかけていただき、メッセージを書かせていただきました♪


子ども放送局のみなさんががんばって作った映像、とっても良かったです。

もっともっとたくさんの人に見ていただきたかった。来年は大きい上映会にしよう。

子どもたちのがんばりはもちろんのこと、ひとつすてきなエピソードがあったのです。


漁火想に来てくださったお客さんへのインタビュー。

とあるカップルさんが声をかけてきてくださったそうで、

なんと2年前にも子ども放送局のインタビューを受けていたとのこと。

その時から毎年漁火想に来てくださり、

なんと今年の漁火想の日、男性から女性へ指輪が渡されたそうです!

つまりプロポーズの場所に漁火想を選んでいただいたのです。めっちゃドラマチックー!

それだけ漁火想を思い出の場所として大切にしていただけたことがとってもうれしくて

感動して泣いちゃいました。


でも、今年初めて参加した私よりも

これまで何年も漁火想の実行委員としてかかわってきた方々は、もっともっとうれしかったと思います。

年々大きいイベントになってきて、いろんなしがらみや苦労もあって

この10年、とにかく大変だったんだろうなあ。想像もつきません。

なんだかうまく表現できないのですが

映像を見て、感動で言葉を詰まらせている実行委員の方々の姿を見ていたら

この10年間積み重ねてきた漁火想へ込めた思いが伝わってきて、

もうね、もらい泣きです。ぼろ泣きです。(笑)

この10年を、20年、30年、100年と

ずっとずっとみんなでつくって、続けていきたいと思いました。



10周年の記念Tシャツに、漁火想のことを「宝物」と書いていた女の子がいました。

その理由は「漁火想が高浜の人たちを一つにしてくれるから」でした。

そんな風に思ってもらえるって、漁火想は幸せだなあ。

この言葉はずーっと忘れないで大切にしたいなと思いました。



そんなこんな今年の漁火想終わりました。

このイベントをきっかけにたくさんの人とお知り合いになることができて

いろんな思いを伺うことができて、なおさら高浜のことが好きになりました。

そして漁火想にずっとかかわっていきたいと思いました。

あー。漁火想ほんとよかった。

高浜いいなあ。

ずっとここにいたいです。
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

山田志穗

Author:山田志穗
生年月日:1987.09.02
血液型:O型
職業:高浜まちづくりネットワークスタッフ

2012年春
福井県大飯郡高浜町に移住しました。
笑いのたえない高浜暮らしを発信していきます。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (88)
おすすめ (71)
活動 (230)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
地域情報
1506位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
中部地方
216位
アクセスランキングを見る>>

来訪者

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。